Music Discovery: Top Albums of 2020 with Mark Campbell

January 20, 2021 Kara Weinand

ベスト・オブ・ザ・イヤーのプレイリスト(つまりはご意見的なもの)は、誰しもが持っているオヘソのようなもの。ミュージックスーパーバイザーでありDJでもある私の仕事は、リクエストを受け人々の聴きたい音楽を先取りすることなので、「どんな音楽が好き?」と聞かれるのはちょっと不思議な感じする。とはいえ、この風変わりな1年の間に私が注目したレコードをいくつか紹介しようか。

OPEN THIS MONTH’S PLAYLIST IN YOUR BROWSER >

Artist: Erasure

Album: The Neon

Track: Fallen Angel

Twitter: @erasureinfo

ErasureのVince ClarkeとAndy Bellは過去35年間にわたり、20世紀ポップソングにおいて最も記憶に残り愛される曲を作り続けてきた。彼らが成功し続ける鍵は、長年にわたって実践してきた音楽錬金術にあるだろう。Bellの天使のようなヴォーカルにClarkeのきらびやかなシンセライン、さらに卓越したソングライティングを融合させることで、アコースティックギターでもミニモーグの演奏でも変わらずに聴けるような豊潤で永続的な曲を産み続けている。2017年にリリースされた「World Be Gone」ではメランコリックな側面を見せたが、今回の「The Neon」では再び高揚感とダンスの特性を取り戻している。なかでも「Fallen Angel」と 「Shot A Satellite」は特筆すべきトラックだ。全体的に楽しさにあふれインスピレーションを与えてくれるレコードであり、これこそがこの予測不可能な1年からの転換に必要なものだと思う。

Top 10 Albums of 2020 1. Erasure – The Neon 2. Caribou – Suddenly 3. Fleet Foxes – Shore 4. Tame Impala – The Slow Rush 5. Benge – Mirror Systems 6. Groove Armada – Edge of The Horizon 7. Recondite – Dwell 8. Thundercat – It Is What It Is 9. 070 Shake – Modus Vivendi 10. AC/DC – Power Up

The post Music Discovery: Top Albums of 2020 with Mark Campbell appeared first on PlayNetwork.

Previous Article
Music Discovery: Top Albums of 2020 with Pete Greenberg
Music Discovery: Top Albums of 2020 with Pete Greenberg

さて、2020年という1年が過ぎた。2020年はとにかく紆余曲折を経てきたけれど、この1年を少しでも明るく少しでも意味のあるものにするために、素晴らしい音楽がたくさん出てきてくれたことは、驚くべきことではないにせよ...

Next Article
Music Discovery: Top Albums of 2020 with Dean Sven Carlson
Music Discovery: Top Albums of 2020 with Dean Sven Carlson

...